睡眠の質の改善が認知症予防に

アルツハイマー病はの原因のひとつであるアミロイドβの凝集(溜まる)は、40歳を過ぎたころからはじまっているといわれています。

ワシントン大学医学部神経学教授のデイビッドホルツマン教授は、脳を効率よくクリー

ニングするためには「睡眠の質」が大切だと話されています。

  • 睡眠(6~8時間の睡眠、30分以内の昼寝)
  • 脳神経の活性化(有酸素運動、コミュニケーション)
  • 知的活動
  • 有酸素運動(ウォーキングなど)

緑茶アミノ酸成分のテアニンは睡眠の質の改善と神経幹細胞の新生の作用があることがわかっています。

Follow me!