研究論文に基づく配合成分と配合量で構成された「ニューロテアニン」

テアニン仮説に基づいて製品化するに際して、これまでの研究や「神経幹細胞の新生は、テアニン単独ではなく、グルタミン・必須アミノ酸を加えるほうが優位に働く」という作用特異性を考慮し、「ニューロテアニン」が開発されれました。

 

作用特異性

テアニンにグルタミンと必須アミノ酸(ロイシン、イソロイシン)を加えることで、神経幹細胞の新生がさらに増強する。

 

 

ニューロテアニンの効果は、長期的には神経幹細胞の新生による認知機能の改善、短期的には睡眠の質の改善が期待できます。